一流のビジネスパーソンが持っているMBA

MBAとは、日本でいうと経営学修士のことです。この資格を取る為には? - 一流のビジネスパーソンが持っているMBA

更新情報

アーカイブ

カテゴリー

一流のビジネスパーソンが持っているMBA

tjydttd
MBAという言葉をご存じでしょうか。
恐らく、社会人でないとあまり聞きなじみのない言葉だと思います。
MBAというのは言ってみれば、一流のビジネスパーソンの証拠とでもいいましょうか。
言ってみれば、出来る男の資格のようなものなのですがどうすれば取ることができる物なのでしょうか。

MBAって何?

MBAというのは、正式名称はMaster of Business Administarationと言って経営学を学んだ専門職の学位の事です。
日本で言うところの経営学修士の事ですね。
日本でこの資格を取るためには大学院の修士課程で経営学を専攻するか専門職学位課程を納めなくては授与することができないものです。
日本では、このMBAは二種類の物があって専門職の学位と修士課程の物では別物扱いにされています。
どちらも日本版MBAと呼ばれており専門職課程で授与することができるMBAを経営管理修士という風にも呼ぶ物なのです。

MBAってどんなステータスになるの?

特に、MBAがステータスになるのはやはり海外での物ですね。
英語圏では、実務経験が込みのビジネススクールで授与される物なので、同じ経営学修士と言っても評価がまるで違うのです。
もちろん、日本版MBAも持っていること自体はとても高い評価を得ることができる物ですが、やはり本場の海外でのMBAの前ではどうしても霞んでしまいます。

MBAを持ってる人ってどんな人?

いわば、ビジネスパーソンとして非常に高い能力を持っている人ですね。
会社や組織の中でも経営資源となる人的資源、財務会計、オペレーション、マーケティング、そして情報といった経営に関する専門的な知識を学んでいる人太刀のことを示します。
更に、そこに加えて経済学の知識であるマクロ・ミクロ経済などを会得しなければなりません。
修士学という名で呼ばれていますが、その性質的には寧ろ職業的な専門の能力を意味するところが性質として非常に大きいですね。
実際、高学歴であることよりもMBAを海外で会得している人の方が、より先進的なビジネスを行っている会社では優遇する傾向にあります。

新興国から注目されているMBA

ytdjytd
現在、新興国では殆どの企業がグローバル化をしていると言っていいでしょう。
今や、企業やビジネスは世界規模で物を見ることができなければ成功することはできません。
そして、そういった世界に進出するための経営戦略やM&Aと言った国際基準と呼ばれる経営スキルが必要になってくるのですね。
そういった、国際基準のグローバルな経営知識や経営スキルを学んだ人に対してMBAは授与される物です。
実際、実践的なビジネススキルを学ぶことができるというMBA教育は世界中の企業が注目しており、国内外問わず非常に重要が植えてきているのです。
経済成長が目覚ましい中国やインドなどでも、MBAに対して非常に高い需要があり、体系的な知識を求めている進出企業はどこもMBA、そしてMBAの資格を持っている人材を必要としているのです。
ビジネスマンとして、一流になりたい、或いはのし上がりたいと思っている人にとって今やMBAは欠かせない物だといいでしょう。
周りの人間に差をつけたい、もっと高い能力を有して社会人として成功したい、そういう風に思っている人はMBAを今からでも目指してみてはどうでしょうか。
ハードルの高い目標ではありますが、努力するだけに足る価値の物であることは間違いないはずです。

MBAに関するサイト
Copyright(C)2016 一流のビジネスパーソンが持っているMBA All Rights Reserved.